FXの話題

未来のチャートを予測するインジケーター

 

未来を予測するインジケーター開発しました??

この度、こんなインジケーターがあったら面白いなぁと思ったので作ってみました。
試作段階ですが、個人的に面白いのでご紹介します。
簡単に言うと未来のチャートの値動きを予測して描画するインジケーターです。

こんな感じ

※このインジケーターは現段階では使い物になりません。半分ネタのつもりでご覧ください。

インジケーターの仕組み

インジケーターの仕組みは以下の通りです。
①現時点から過去○○本文の足の値動きと似ている動き方をしている部分を過去10年分のチャートから探します。
②一番似ている部分が見つかったら、その先の◇◇個の値動きをそのまま描写します。(下の画像では15本分)

ちなみに似ているかどうかの判定は「移動平均線」「高値」「安値」「終値」「始値」の5つの要素の差を加重平均を取ってスコアとしています。(詳しくは割愛)
過去10年分なので、5分足の場合約100万パターンの中から似ているパターンを探すことになります。
結構実行に時間がかかります。。。

気になる結果

一見この通りに動きそうですよね?
ではすでに結果が分かっている値動きを同じように予測した結果を見てみましょう。

全然だめですね(笑)
極端に精度が悪い時の画像を選んで載せてます。
もちろんうまくいくときもありますが、精度的には微妙です。

このシステムをもし改善するとしたら、「似ている」という判定をどのよう行うかを考え直すことでしょう。例としては「移動平均線」「高値」「安値」「終値」「始値」の5つの要素に「ストキャスティクス」などの他のインジケーターや要素を追加することや加重平均をやめて単純に平均を取ったりなど、いろいろ考えられますがまあどれも結果的には駄目でしょうね。

希望が少しでもあるとしたら今流行の「ニューラルネットワーク」でしょうか。。。
ニューラルネットは人間が気付かない規則やパラメータを結構いい精度で決めてくれますが、為替の値動きに関しては私を含め多くの方がニューラルネットを用いて予想をしようとしていますが、いまだ成功例は出ていませんね。

ニューラルネットでもダメとなると「相場は完全にランダムに動いているんじゃないか」と考えてしまわなくもありません。(気になる人はランダムウォーク理論で検索してください)

まとめ

次の足が陽線か陰線かを当てるだけならまだしも、数10本先の未来を見ようとするのは、少なくともこの手法では無理ですね(笑)

結果的には使えないものを生み出しましたが、個人的には楽しかったので満足です。
特に予測がチャートに表示されたときは「おお、なんかそれっぽい」と感動しました。
今後アップデートを行うことはまあ無いでしょうね。
試してみたい声がありましたら何かしらの形で配布するかもしれません。
が、リアルトレードではまず使えませんのであしからず。

最後の自分語り

普段はまじめにチャートを分析して便利なインジケーターを作成していますが、同時に今回のように面白そうだなっと思ったものは、勝てないと分かっていても作成したりしています。
というのも、アイデアが面白そうだというのももちろんですが、このような突拍子もないアイデアは、新たな素晴らしい発想やアイデアを生みだす可能性を常に秘めているからです。突拍子もないアイデアの例として、今FXで主流なのは「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」のふたつですが、それに次ぐ新たな分析法は無いかなど考えることも好きです。

多くのトレーダーの方は、世の中に出回っている手法を参考にして組み合わせたり、パターンを自分で考えたりしていると思います。もちろん私もそうですし、それを突き詰めれば勝てます。しかし既存のものにとらわれず一つ上の次元から値動きの予測を行うという考え方も大事だと思います。

共感してくださった方や、なにか調べてほしいアイデア(抽象的でかまいません)がある方は気軽にコメントしてください☆